相続相談室
HOMEご相談要領行政書士って?報酬一覧事務所紹介良くある質問
行政書士やまね法務事務所 》相続相談室 》遺産分割協議が揉める理由
実際に遺産分割協議を始めてから、揉めてしまったお客様の多くは、「我家に限って揉める筈がない」「財産が無いから揉める筈がない」と考えています。話合いが整わずに家庭裁判所に持ち込まれるトラブルのうち、相続財産が1000万円以下の事案が、全体の4割を占めています。

財産の多い少ないと、揉める理由は別物です。
理由1 不動産の分割は簡単ではない
相続の基礎知識
 相続の始まり
 誰が相続人となる?
 相続財産は、何がある?
 相続の対象とはならない物
 遺産分割とは?
 遺産分割の方法
 遺産分割の承認
 相続、遺贈、生前贈与
 特別受益とは?
 寄与分とは?
 遺留分とは?
 「争続!」を回避する
相続の手続き
 手続きの全体像
 死亡届
 遺言書の存在確認
 年金受給権者死亡届
 遺族年金
 寡婦年金
 死亡一時金
 世帯変更届
 印鑑登録カード
 健康保険
 葬祭費(埋葬料)
 遺言書の検認
 遺言執行者の選任
 相続人の確定
 相続財産の確定
 相続の承認
 所得税の準確定申告
 遺産分割協議書の作成
 名義・登記変更
 相続税の申告と納付
 遺留分減殺請求権
 生命保険金の請求
相続税について
 相続税とは?
 課税財産
 非課税財産
 相続税の計算
 財産評価の基本
相続の問題点
 相続開始からの時間経過
 相続にも、時効が絡みます
 財産を残す者
 財産を残された者
相続の事例集
 夫婦の間に子どもがいない
 介護に尽くした嫁
 事実婚は相続できない
 先妻の子と相続
 母が認知症になった
 おひとりさまの財産は?
 相続人が海外に住んでいる
相続のQ&A集
 相続 Q&A
 相続離婚 Q&A
 相続遺言 Q&A
遺産分割協議書のサンプル
 遺産分割協議書のサンプル
 
Information
行政書士 山根輝雄
お気軽にご相談ください
代表プロフィール
行政書士やまね法務事務所

相続」を熱く語る
 所在地 栃木県小山市羽川59-6
  電話 0285(20)3380
営業時間 9:00‐19:00
  営業カレンダー  事務所地図
  営業対応エリア
完全予約制
時間外休日も対応します
 
Contents
相続相談室
相談の予約〜業務終了まで


相続相談室の報酬額
不動産の場合、現金のようにきっちりと分割する事は容易ではありません。
金銭の多寡だけが「公平な分割」ではないことを、相続人が(例え不服に感じていようとも)納得することが肝心です。
事例1 めぼしい財産は、自宅だけ。兄弟二人で、どう分割する?
自宅の処分
兄の立場からすると・・
「長男だから・・ 現に居住しているから・・ 親の面倒も見てきたし・・自宅は俺のもの」

弟の立場からすると・・
「長男だけ財産を貰って、不公平だ」
事例2 田畑は、跡取りの兄に一括して譲りたい。
田畑を全て兄に相続させる場合、弟夫婦には、何を残してあげますか?
同等程度の現金が用意できない場合、どのように弟夫婦を納得させますか?
事例3 自宅は兄へ残す。弟へは畑を残し、弟の自宅を建てて欲しい。
その畑には自宅が立てられますか? 建設後、生活に不自由は無いのでしょうか?
都市部近郊の畑であれば生活環境に不足は無いでしょう。弟が、評価額に換算して不服を述べた場合、兄の負担が増える事になります。

農地の処分
例えば、こどもは遠方で会社員をしており、実家の田畑について跡継ぎがいないとき。
こども相続を受けたとしても、農地は自由に売買(処分)することができません。遠方で会社員をしているこどもに、その手続きを負担させますか?
理由2 「気持ち」は見えない
残念ながら、気持ちを覗くことはできません。
兄弟だからこそ、積年の思いが一気に噴き出すということも珍しくありません。
事例1 めぼしい財産は、自宅だけ。兄弟二人で、どう分割する?
兄の立場からすると・・
「長男だから・・ 跡取りだから・・ 自分が財産を引き継ぐのは当然だ」

弟の立場からすると・・
「現金を貰ったけど、兄とのつり合いが取れていない。不公平だ」
事例2 兄嫁が介護で世話してくれたけど、兄嫁は相続人にはならない。
兄嫁の立場からすると・・
「何も世話もしてこなかった弟夫婦ときっちり二分の一なんて、不公平だ」

弟の立場からすると・・
「法定相続人は兄と自分の二人。兄嫁は他人だから、相続はきっちり二分の一を貰うのが公平だ」
事例3 先妻の子と後妻の子と、どちらが相続する?
先妻の立場からすると・・
「自分は、離婚によって相続人とはならない。築いた財産を、後妻に持って行かれた。くやしい。」

後妻の立場からすると・・
「先妻は、既に慰謝料や養育費の支払いを受けているのに、更に相続を貰うなんて。私との間で築いた財産を、どうして他人に渡さなければいけないの?」
事例4 兄は大卒。弟は高卒。学費の差は?
兄の立場からすると・・
「大学進学は、自分が努力した結果だから、当然のこと。」

弟の立場からすると・・
「兄は自分より学費を多く貰ったのだから、兄の学費同等額の金銭は自分も貰わないと不公平だ。」

理由3 親戚付き合いが遠い
事例1 離婚・再婚(その1)
先妻の子と後妻の子がいる場合、どちらも相続人となります。
「先妻の子は成人しているけど、後妻の子はまだ小学生だから・・」といった事情があっても、法定相続分は同じですから、当然に争いが生じます。
事例2 離婚・再婚(その2)
再婚した妻の連れ子には、当然には、相続権は発生しません。即ち、相続できないのです。
元妻の子が相続権を主張した場合、拒めません。
再婚した妻の連れ子と元妻の子との間で、争いが生じます。
事例3 こどもがいない
配偶者(妻)以外に、夫の兄弟姉妹が相続人となります。
めぼしい財産が自宅だけの場合、妻に自宅を処分させて金銭に換価した後に、夫の兄弟姉妹に分割させることは、公平の見地に適っているのでしょうか?
妻が処分に合意するか夫の兄弟姉妹が相続放棄に合意するのか、それ以外に解決策を見出さない限り、争いは激しさを増していきます。


前のページへ このページのトップへ 次のページへ


























HOME | 御相談要領 | 行政書士 | 報酬一覧 | 事務所紹介 | よくある質問
相続相談室 | 遺言相談室 | 離婚相談室 | 内容証明・公正証書相談室 | 賃貸借相談室 | 起業家応援隊 

行政書士やまね法務事務所

copyright (c) 2010-2013 行政書士やまね法務事務所 All rights reserved.
お問い合わせはこちらから お問い合わせメール