離婚相談室
HOMEご相談要領行政書士って?報酬一覧事務所紹介良くある質問
行政書士やまね法務事務所 》離婚相談室 》予約方法から業務終了までの流れ
離婚相談室は、栃木県小山市行政書士やまね法務事務所が運営しています。
当事務所に御相談をいただく場合の、予約の方法から業務終了までの流れを説明しています。

「遠方だけど大丈夫?」,「ちょっと離れた場所で面接したいけど大丈夫?」,「仕事帰りだと時間外になってしまうけど大丈夫?」など、疑問に思ったり心配なことは、お電話でお気軽にお問い合わせください。

敷居は高くありません。 背中は押しませんが、一緒に頑張りましょう!
離婚相談の予約から業務終了までの流れ  
Contents
Step1
離婚を考えたら

離婚届と言う落とし穴
 不安だらけなのは当然です
 書籍では、限界があります
誰に相談するか?
 法律や社会制度の変化
 相談相手との相性
 カウンセリング
離婚届に書かない大切な事
最後は自分で決意する
 決意したら、スピードが命
Step2
キーワード1−お金

慰謝料(和解金)
浮気相手への慰謝料
 浮気は不法行為
 泣き寝入りする必要はない
 慰謝料請求額に制限はない
 証拠集めが必要
 証拠集めは冷静・沈着に
財産分与
 財産分与の範囲
 財産分与できるもの
 財産分与できないもの
 財産が無くとも
 贈与税
 財産分与の時期
婚姻費用(生活費)
年金
 分割できるのは厚生年金だけ

キーワード2−こども
親権
 親権とは
 こどもの幸せを第一に
 親権者と監護権者は可分
 親権をめぐる判例
 出来ちゃった離婚
養育費
 こどもの権利
 養育費の額
 未払いを回避する
 養育費は増減できる
面接交渉権
 事前取り決めが重要
 条件の変更はできる
 親の配慮
 祖父母の面接交渉権
 面接交渉でトラブル

キーワード3−戸籍
離婚後の氏
こどもの氏
Step3
約束事を守って貰う為に

約束事は必ず書面に残す
 夫婦間のポイント
 子供がいる場合
約束事に強制力をもたせる
Step4
離婚後の手続き

氏名や住所変更の手続き
 健康保険と年金
 住所や氏の変更
 こどもに関する変更
シングルマザーの支援制度
 相談について
 生活支援について
 就業支援について
 経済的支援について
離婚後の注意点
 元夫の借金
 養子縁組
 復縁の紛争
Step5
離婚相談 Q&A
離婚後の相談 Q&A
資料
離婚協議書のサンプル

応援ガイドブック
離婚届に印を押すまでに「やっておくべきこと」を整理した全35ページに及ぶガイドブック。

新しいスタートに向けて、しっかり応援します!
 気持ちの整理も大切です

Information
行政書士 山根輝雄
お気軽にご相談ください
代表プロフィール
行政書士やまね法務事務所

離婚」を熱く語る
 所在地 栃木県小山市羽川59-6
  電話 0285(20)3380
営業時間 9:00‐19:00
  営業カレンダー  事務所地図
  営業対応エリア
完全予約制
時間外休日も対応します

Contents
離婚相談室
相談の予約〜業務終了まで


離婚相談室の報酬額
Step-1 御予約・お問い合わせ
完全予約制となっております。お電話またはWEBから、ご相談日時を確保してください。
先着順でスケジュールが埋まります。予めご了承ください。
土日祝祭日であっても、ご相談に対応致します。割増料金は、ありません。。

お気軽に、お問い合わせください。
お電話はこちら  WEB専用フォームはこちら
Step-2 初回ご相談
初回相談料は、¥3,000円です。
ご相談内容を伺い、おおまかな見積書を提示させて頂きます。

その後、正式なご契約となります。御契約時に、着手金を頂きます。
親族の皆様にご相談してから決める時間もありますので、ご契約に不安がある方も御安心ください。

正式なご契約を頂くまでは、業務に着手いたしません。
お急ぎの方は、お電話での予約時にその旨お伝えください。できる限り、ご要望にお応えできる様、対応させて頂きます。

注記 1 ご相談時間は、おおむね30分から1時間程度が一般的です。
   2 初回相談は、1案件に付き1回限りとさせて頂きます。
   3 離婚ガイドブックは、ご契約を頂いたお客様限定配布です。
   4 見積金額は、初回相談による概略金額です。
step-3 離婚協議の支援
お客様に不安が解消するまで、しっかりとご相談させて頂きます。
お客様の不安が解消するまで、法的実務面から御支援致します。

注意
1 御依頼人の代理人として相手方との交渉や、仲裁・和解の強制をすることはできません。
2 書面作成に関する法的サービスに限ります。
3 ご希望がある場合には、心理カウンセラー等を適宜ご紹介させて頂きます。
Step-4 文書の作成
離婚協議が整ったら、約束事を文書にします。

(A)離婚協議書
離婚にあたって取り決めた約束事を、法的に有効な契約書として整えます。離婚届には書かない重要な事項ばかりです。

(B)公正証書
必要に応じて、公証役場に於いて離婚協議書に基づき公正証書を作成します。
Step-5 離婚届の証人
「親や知り合いには頼みたくない・・」という依頼人の為に、行政書士が証人として署名する事ができます。お気軽に御依頼ください。
Step-6 離婚後の手続き
年金手続きや、こどもの戸籍手続きなど、離婚後には想像以上の手続きが発生します。当事務所が配布している離婚ガイドブックに従って、着々とこなしましょう。
勿論、全ての手続きが完了するまで、とことんサポートいたします。
Step-7 お支払い
全ての手続きが完了したら、報酬額および実費額を頂きます。
前のページへ このページのトップへ 次のページへ


































































HOME | 御相談要領 | 行政書士 | 報酬一覧 | 事務所紹介 | よくある質問
相続相談室 | 遺言相談室 | 離婚相談室 | 内容証明・公正証書相談室 | 賃貸借相談室 | 起業家応援隊 

行政書士やまね法務事務所

copyright (c) 2010-2013 行政書士やまね法務事務所 All rights reserved.
お問い合わせはこちらから お問い合わせメール