相続相談ー話合い専門/栃木県小山市

慣れない相続手続きが、不安なのは当然。場数を踏めるのは、相続の専門家だからこそ・・豊富な知識と経験を、ご活用ください。

心配ごとは、専門家に聞いてしまうのが一番の近道。手続きは、まかせて安心しましょう。

僧俗相談室 選ばれる3つの特徴

特徴1 公平中立ー行政書士が対応します

行政書士は公平中立

行政書士は、弁護士と違って特定の方の代理人となれません(弁護士法)。そのため、法律的に中立な立場が担保されています。

遺産分割の話し合いの場では、公平中立な立場からの助言が役に立ちます。

大規模も、小規模も、対応します!

「相続人が20人いる・・」「相続人は二人だけ・・」「めぼしい財産なんて特に無い・・」からと、ご依頼をためらう必要はありません。御依頼人様にとって、規模は関係ありません。

大切な相続です。相続の専門家にお任せ下さい。

手つかずで「放置されていた相続」も、対応します!

「自宅が亡くなった祖父の名義になったまま」「遺産分割が宙に浮いたまま」など、数年来、手つかずで放置されている相続にも対応可能です。

概算見積もりを、初回相談時に提示

初回相談にて内容を伺い、おおまかな見積金額を提示させて頂きます。その後、正式なご契約となります。

親族の皆様にご相談してから決める時間もありますので、ご契約に不安がある方も御安心ください。

正式なご契約を頂くまでは、業務に着手いたしません。お急ぎの方は、お電話での予約時にその旨お伝えください。できる限り、ご要望にお応えできる様、対応させて頂きます。

戸籍調査も、お任せください

相続を整えるには、被相続人の出生から死亡に至る全ての戸籍をそろえる必要があります。遠方ですと、戸籍をそろえるだけでも大変な労力と費用が発生します。

改正原戸籍、除籍等の戸籍に関する調査は、お任せ下さい。

「相続人が分からない・・」「親戚付き合いが遠くて・・」「高齢で頼みにくい・・」 相続の専門家ですから、迅速に対応できます。

特徴2 関連士業と連携して対応しています

だから、様々な手続きに対応可能

相続業務では広範囲な法的実務が関連します。残念ながら、それら全てを行政書士が一人で処理する事はできません。

例えば、法務局での不動産登記手続きには「司法書士」、年金の手続きには「社会保険労務士」、相続税の申告手続きには「税理士」、紛争が当事者間で解決できない場合には裁判所での手続きを「弁護士」に、それぞれ依頼しなければなりません。その他、「土地家屋調査士」や「不動産鑑定士」に調査手続き等を依頼する場合もあります。

しかもこうした士業であっても、それぞれ専門分野や得意分野があります。一般の方がそれらを見分けて業務を依頼するのは、至難の業。

当事務所では、さまざまなお客様のご相談にワンストップでお応えできるよう近隣市町に在住している関連士業との密接なネットワークを整えています。

お客様窓口は一つ

ご相談の内容に応じて、行政書士山根輝雄が、関連士業と連携をとって問題解決にあたります。 御依頼人様の窓口は、常に一つ。「誰が担当者?」と迷うことがありません。

お客様窓口は一つ

 

特徴3 柔軟な予約体制

ご相談は、完全予約制となっております。

ご予約により、土日祝祭日や平日夜間(夜9時まで)のご相談がOK!

土日祝祭日や夜間の相談などお客様の御都合にできる限りお応えしていますが、ご予約は受付順となっております。

出張対応OK

事務所所在地(栃木県小山市)より、車または普通電車利用で、片道2時間程度が目安です。

お気軽にお問い合わせください。

「相続紛争」は避けたいもの

近年は、遺産分割協議が整わず、家庭裁判所へ持ち込まれる案件も増加しています。こうした争いは、間違った法律の理解や聞きかじりの法律知識に起因するものも少なくありません。

大切な財産です。無用な争いが起こらぬ様に、早い段階からご相談される事をお勧めします。

 ⇒相続が揉める理由

「将来の相続」も、ご相談ください

「まだ相続が発生していないのだけれど」「我が家の相続なんだけど」等、相続開始前の御相談にも対応可能です。心配ごとは、早めに解消しておきましょう。 税理士による相続税相談も、受けることができます。遺言も有効な選択肢の一つです。

 ⇒ 遺言相談室