契約書

契約とは?

契約とは、平たく表現すると「約束」です。いつ、誰と、どのような内容の契約を交わすかについては、その者の自由に委ねられています(契約自由の原則)。

民法では、典型契約として13種類(売買/買戻/交換/消費貸借/使用貸借/賃貸借/雇用/請負/委任/寄託/組合/終身定期金/和解))が定められていますが、これに限らない契約もあります。(非典型契約)

契約当時、当事者がどのような内容の約束をしたのかということを書き記したものが契約書です。

重要な「約束」については、確実な履行の担保や損害賠償の予定、危険負担などについて当事者で確認したうえで書面に記すことを、お勧めしています。

雛形は?

ネット上にも無数の雛形は例示されています。しかしながら、雛形をアレンジして契約書を作成するには相応の専門的知識が不可欠です。

契約書は、いざというときのために作成しておくもの。いざという時に、役に立たなければ意味をなしません。何を書くべきか、書かざるべきか、目的や内容に応じて高度な判断を要します。

契約書は、書類作成の専門家へお任せください。

契約書を作成したけれど、専門家にチェックだけして欲しいといったピンポイント相談にも応じています。

和解も契約です

いわゆる示談書とか和解書と呼んでいる書面も、契約の一種です。

 ⇒ 和解へ

法人のお客様へ

契約書は、事業の円滑な遂行にも必要不可欠です。

契約をめぐっての困りごとが生じたときは、お気軽にお問い合わせください。