SDGs

SDGs

 

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、国連において2015年に採択され、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、国際社会が2030年までに「持続可能な社会を実現するための17の開発目標」です。

17ゴールの下には、169のターゲットが設定されており、 「誰一人取り残さない」社会の実現を目指して、経済・社会・環境をめぐるさまざまな課題に対し、すべての関係者の取り組みが求められています。

日本でも「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部」が設置され、行政機関だけでなく、民間企業へと取組みが加速しています。

収益を上げるだけではなく、社会課題解決のプレーヤーとしての企業が注目され、SDGsの取組みを重視する動きが強まっているのです。

SDGsの達成を通じて社会課題解決に取り組むことにより、

企業イメージの向上
取引先・消費者からの信頼の獲得、多様性に富んだ人材確保
社会課題への対応
経営リスクの回避(リスクマネジメント)、社会貢献、地域での信頼獲得
生存戦略
SDGsへの対応が取引条件になる可能性、持続可能な経営を行う戦略
新たな事業機会の創出
社会課題解決のための新サービスや新商品の開発、販路拡大、パートナーシップ創出

等々の可能性が広がっていくと考えられています。

SDGs達成に向けた宣言

当社は、SDGsの内容を理解し、SDGs達成に向けた方針及び取組を下記のとおり宣言しています。

SDGs達成に向けた経営方針等

行政書士は、国民の皆様からの依頼を受け、官公署に提出する書類その他権利義務または事実証明に関する書類を作成することを業務にしています。それらの多くは、お客様のSDGsの取組みに繋がっています。私達は、お客様の事業活動を側面から支援することで、信頼や活動価値を高め、世界に向けた持続可能な開発目標の達成に貢献します。

重点的な取り組み

3側面 SDGs達成に向けた
重点的な取組
2030年に向けた
指標
要件2の
関連番号
社会
経済
働きやすい職場づくり 労働安全衛生事故0件
ハラスメント事故0件
メンタル疾患0件
2,5,6
環境
経済
廃棄物の削減 ペーパーレス化の推進
2020年(150kg)を1/10にする
11,12
環境
社会
経済
地域社会への貢献 ボランティア活動
3件/年
32,33

とちぎSDGs推進企業登録マーク

とちぎSDGs推進企業登録マーク